« 万里の長城 | トップページ | 「そんなの関係ねぇ」内閣 »

残念だ

吉野家向け輸入牛肉に危険部位混入 米国産の再開から初発覚

過去にこの場で宣言してきたように
私は吉野家が大好きだ。
思い出もいっぱいあるし
思い入れもいっぱいある。

アメリカ産牛肉輸入停止で
豚丼に切り替わったとき
吉野家の豚丼が個人的に
美味しくなかった(不味かった)ため、
是非、至急に
オージーの牛肉に切り替えるべと思った。

実は私はそのとき
吉野家さんへそのようにメールを送っている。

返答は、『アメリカ産でしか吉野家の味にならない』
というものだった。
少し残念に思ったものだ。

そして、月日が経ち、政治的圧力によって
アメリカ産牛肉の輸入が再開された

なか卯もすき家も松屋も
『お客さまの生命を左右するような危険な商品を提供することは許されない』
としてアメリカ産導入を見送ったとき、
我が愛する吉野家だけは
何のためらいもなくアメリカ産牛肉を採用した。

私は吉野家の安部社長が好きだ。
しかしこの時は大きく舵を取り違えた。
実はこの時も吉野家さんへそのようにメールを送っている。

『アメリカ産牛肉を何故導入したのでしょうか?
検査してます、安全ですと言っても
日本向けのアメリカ製品を信用してはいけない。
視察したその時だけはちゃんとしているでしょう。
試験したその牛肉だけはちゃんとしてるでしょう。
しかし絶対に信用してはいけない。
人の口に入るモノだけに
ここで間違うと大変なことになる』

…と、、、

しかし返答は
『アメリカ産は安心・安全です。
これからも吉野家の牛丼をご愛顧下さい』

という何の根拠もないコメントだけだった。

『大変なことになった…』
とそのときに思った。

ちなみに私にスーパーを語らせるとちょっとうるさいのだが
そのときに大手スーパーの中でダイエーだけが
アメリカ産牛肉を大々的に取り上げ
店頭に大きく並べたように記憶している。

『まぁ…ダイエーらしい舵の取り違えだな…』
とだけ思った。
(※実際には西友、イトーヨーカ堂に続いてであった)

しかし…この期に及んでの
『吉野家~牛丼販売を継続』
ナンセンスだ。

本当にあり得ない…
まだ間に合う、今すぐにオーストラリア産へ切り替えるべきだ。

でなければ『給食の鯨カツ』のように
幻の味が増える事になってしまいそうだ…

ちなみにダイエーは
『米国産牛肉販売中止』とアナウンスしているが
中止するのは当該工場からの輸入のみである…
ダイエーにも危機意識がないのでは…と思う。

« 万里の長城 | トップページ | 「そんなの関係ねぇ」内閣 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158393/27313266

この記事へのトラックバック一覧です: 残念だ:

« 万里の長城 | トップページ | 「そんなの関係ねぇ」内閣 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ